漫画

【漫画版ドラゴンボール超】第13話のネタバレと感想:悟空が超サイヤ人ゴッド(赤髪)に変身

この記事では、漫画版ドラゴンボール超第13話のネタバレ(ストーリー展開)と感想をまとめています。

解説の前に・・・

本記事で紹介する漫画版ドラゴンボール超13話は、以下、単行本第2巻に掲載されています。

読みたい見出しへ移動

ストーリーの流れ|ネタバレ

  • その1
    悟空、ヒットに攻撃

    悟空の秘策は、時飛ばしをした後のヒットの動きを予測することだった。

    ヒットの癖を読み取り、ようやくヒットの顔面にかすり傷を負わせた。焦るヒットは、再び時飛ばしを使うが、悟空にアッパーを決められる。

  • その2
    悟空、超サイヤ人ゴッドへ

    ようやくヒットの動きを掴んだところで、ヒットと互角な戦いを繰り広げます。

    そして、超サイヤ人ゴッドへ変身。アニメ版ドラゴンボール超では超サイヤ人ブルーにしか変身していませんが、漫画版でしか見られないシーンです。

    ヒットは悟空の素早い攻撃に追いつけず一方的にやられてしまいます。

    超サイヤ人ゴッドとヒットの力差

    本来、超サイヤ人ゴッドのパワーはヒットがいくら時飛ばしをしようと太刀打ちできるものではないようです。

    ではなぜベジータはヒットに負けてしまったのか?それは、ベジータが一度キャベとの戦いでベジータブルーに変身してしまったせいで、ヒットとの戦いで本来の力が発揮できなかったことが原因だそうです。

    ウィスが言うには、「本来のブルーの力の10分の1も発揮できていなかった」とのこと。

  • その3
    決着

    悟空は超サイヤ人ブルーに変身、対するヒットもフルパワーを発揮する。一瞬の隙を見抜いた悟空は全力のかめはめ波を放つがヒットは回避。

    試合はまだまだ続くと思われたが、悟空はあることに気づいた。「殺すのは反則」というルールのある大会だと殺し屋のヒットは全力を出せないことに・・・。

    そこで、悟空は勝負は別の日にお預けにし、自ら場外へと落ちた。

  • その4
    モナカvsヒット
    モナカの実力

    モナカは実力も何もない普通の人間。普段は宇宙配達の仕事をしており、ビルスに命令され実力を隠して大会に出場していた。ビルスは、悟空に強くなってもらいたく「上には上がいる」ということを教えるため、弱いモナカを出場させていた。

    なお事実を知っているのは、悟空以外のみ。

    モナカの実力を察したヒットは、敗れたフリをしてわざと場外へ落ち、大会は第七宇宙の優勝となった。

  • その5
    全王様登場

    大会が終わりかけていた時、突如「全王様」という人物が現れた。全王様は、全部で12個ある宇宙の頂点に立つお方。

    全王様は今回の試合を拝見して「12個全部の宇宙で大会をする」と提案し帰っていた。

  • その6
    超ドラゴンボールで願い

    大会に勝った第七宇宙は、超ドラゴンボールで願いを叶えた。その願いは「第六宇宙にある地球に人類を復活させて文化を発展させる」という。なお、その事実はビルスとシャンパだけの秘密のようだ・・・。

感想

超サイヤ人ブルー悟空のスピードなら時飛ばしを簡単に攻略できると言われていますが、悟空は初手ノーマル状態でヒットに攻撃を仕掛けました。純粋に頭で時飛ばしを攻略したいと思ったのでしょうか・・・さすが悟空ですね。

出典DRAGON BALL超 第2巻より

途中から超サイヤ人ゴッドに変身します。アニメ版ドラゴンボール超では、超サイヤ人ブルーにしか変身していなかったので、まさか、ここで超サイヤ人ゴッドが見れるのは嬉しいですね。

出典DRAGON BALL超 第2巻より

超サイヤ人ゴッドの時点で、もうヒットの0.1秒時飛ばしが通用しないようです。ウィスの解説によると、この時の超サイヤ人ゴッド悟空の力は、ヒットと戦った時の超サイヤ人ブルーベジータよりも上と言っています。ベジータはあの時、キャベとの戦いで体力を消耗していたため実力が発揮出来なかったと言っています。ベジータもったいない・・・(泣)

出典DRAGON BALL超 第2巻より

結果は、両者とも本気を出すことが出来ず勝負はお預けという形になってしまいましたが、随分アニメ版ドラゴンボール超と展開が異なっていました。

悟空も超サイヤ人ブルー界王拳を使っていませんし、ヒットもアニメ版と比べて少し優しさがあるような・・・?個人的にはこっちの方が好きです(笑)

ドラゴンボールが見れる動画配信サービス

アニメ「ドラゴンボールシリーズ」を全作見るならU-NEXTをオススメします。

U-NEXT
無料トライアル期間 31日間|期間中に解約しても料金発生しない
月額 2,149円(税込)
見放題作品 140,000本以上
作品 国内ドラマ・アニメに強い
便利な機能 動画のダウンロード/スマホアプリで視聴/Chromeキャスト対応(テレビで表示可能)
ドラゴンボール作品 映画含めて全作品が見放題
新作映画「ブロリー」 新作「ブロリー」はレンタル料金が発生しますが会員登録時に貰える600ptで無料で視聴できます

公式ページ

また、以下の記事でU-NEXTの特徴〜会員登録方法や他の大手配信サービスとの比較をしていますので、参考にしてみてください。

ドラゴンボール全作の動画を一気見するなら「U-NEXT」がオススメ:他の大手配信サービスと比較今回は、ドラゴンボールの動画を全作全話一気見できる動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)の「特徴・会員登録方法」や「配信されている...