漫画

【漫画版ドラゴンボール超】第9話のネタバレと感想:第四形態フロストvs超サイヤ人悟空

この記事では、漫画版ドラゴンボール超第9話のネタバレ(ストーリー展開)と感想をまとめています。

解説の前に・・・

本記事で紹介する漫画版ドラゴンボール超9話は、以下、単行本第1巻に掲載されています。

読みたい見出しへ移動

ストーリーの流れ|ネタバレ

  • その1
    悟空勝利

    実力は悟空の方が上だが、ボタモには秘策があった。それは、ボタモはダメージを受けないという特性。悟空がかめはめ波を放ってもダメージを受けず、ボタモは悟空の体力を消耗させる作戦だった。

    漫画版では説明されていないが、ボタモは「受けたダメージを宇宙空間に飛ばしている」とアニメ版ドラゴンボール超で解説されています。

    考えた悟空は、ボタモを仰向けにし、足を引っ張り場外へと飛ばした。

  • その2
    フロストvs悟空
    フロストとは

    フロストは第七宇宙でいうフリーザと同じ立ち位置に存在する戦士。第四形態まであり、容姿もフリーザと全く同じ。

    第6宇宙における戦争の悲劇を根絶するため、平和維持軍を率いて紛争地に飛び込んでいる紳士的な活動をしている。

    なお、ゴールデンフリーザのような形態は会得していない。

    第一形態のフリーザは初手で畳み掛けるが、悟空に反撃を食らう。

  • その3
    両者変身

    そして、一気に第三形態へと変身する。対する悟空も超サイヤ人に変身するが、フロストは「ヤバイ!」と思ったのか、スグさま最終形態へと変身した。

感想

ボタモはダメージを受けないという性能があった。厳密には、受けたダメージを宇宙空間に飛ばすという性能らしい。(アニメ版ドラゴンボール超の解説より)

出典DRAGON BALL超 第1巻より

悟空のかめはめ波や攻撃を食らっても効かず、超サイヤ人になってもダメージを受けないのではないかと言われている。これって、防御力で言ったら過去最強の敵なのでは?と思ってしまう。

場外負けというルールを生かして悟空は勝ちましたが、本気の勝負だったらマジでボタモが勝つっていう事もあるんじゃないのか・・・。

続いて、フロストとの試合。フロストは第七宇宙のフリーザとは違って、宇宙平和維持の活動をしているようです。

出典DRAGON BALL超 第1巻より

フロストは、第二形態には変身せず一気に第三形態に変身。これにはクリリンもトラウマを思い出す事なく安心していました(笑)

出典DRAGON BALL超 第1巻より

そしてフロスト第四形態。姿形は第七宇宙のフリーザと全く同じですね。果たして、戦闘力はどう違うのか・・・。

ドラゴンボールが見れる動画配信サービス

アニメ「ドラゴンボールシリーズ」を全作見るならU-NEXTをオススメします。

U-NEXT
無料トライアル期間 31日間|期間中に解約しても料金発生しない
月額 2,149円(税込)
見放題作品 140,000本以上
作品 国内ドラマ・アニメに強い
便利な機能 動画のダウンロード/スマホアプリで視聴/Chromeキャスト対応(テレビで表示可能)
ドラゴンボール作品 映画含めて全作品が見放題
新作映画「ブロリー」 新作「ブロリー」はレンタル料金が発生しますが会員登録時に貰える600ptで無料で視聴できます

公式ページ

また、以下の記事でU-NEXTの特徴〜会員登録方法や他の大手配信サービスとの比較をしていますので、参考にしてみてください。

ドラゴンボール全作の動画を一気見するなら「U-NEXT」がオススメ:他の大手配信サービスと比較今回は、ドラゴンボールの動画を全作全話一気見できる動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)の「特徴・会員登録方法」や「配信されている...